◆「まちもり叢書」自家製ブックレットシリーズ

 
自家製ブックレットシリーズ「まちもり叢書」
 

伊達美徳

 今世紀
の初めごろから 「まちもり通信」サイトと「伊達の眼鏡」ブログに、わたしの書き物を過去にさかのぼり、新たに書き下ろし、あれやこれやと掲載してきて既に13年、気がつけばなんだか厖大な数になっている。わたしの人生アーカイブスである。
 なにしろ書いたもので公開できるものは全部掲載する主義で来たからである。実は家族だけに公開している非公開サイトにあるから、数はもっと多いのである。
 それなりに編集しているのだが、どうもまとまりに欠けるところがある。
  そこで編集趣味に加えて造本趣味を始めることにした。つまりあるテーマで集めた論を、編集して印刷して製本するのである。
 といっても本格的な出版ではなくて、わたしのいつもの机の上のPCで編集・装丁、プリンターで印刷、机の上で糊とカッターとステップラーで製本するブックレットである。自宅DTPとでもいう内職であるが、もちろん稼ぎにはならない。
 題して「まちもり叢書」シリーズ、2010年の半ば頃から始めて、いまでは20巻になった。続刊も進行中である。そして会う人ごとに渡して、読め読めと迫るのである。
 で、その読め読めと押し付けた数は、3013年9月末現在で314冊である。書店で売っているではなくて、思いついたら押し付けているだけなので、まあ、こんなもんである。
 19冊のうちで「ベスト押し付け」は、わたしの生まれ故郷のことを書いた『美しい故郷へ』で、53冊である。これは、わたしが故郷でやった講演会に来て下さった知人友人たちに、後で送りつけたからのである。

 さて、どこまで続くやら、そのうちボケてトンチンカンなこと書いたブックレットを作るってのも面白い(あ、もうそうなってるかな)。
  もしも、この叢書のどれかを読んでみようと思う奇特なお方がいらっしゃるなら、下記のEメール  にご連絡ください。制作して送ります(もちろん無料です)。 
   伊達美徳Eメールアドレス  dateygアットマークgmail.com
 あるいは、本は面倒だ、インタネットでダウンロードして読みたいと思う奇特なお方も、上記Eメールでご連絡ください。そのURLをお伝えします。           (2013/09/28)

●「まちもり叢書」趣味の卓上手作り出版一覧
 既刊(2014年12月現在)

(まちもり叢書 第21号)
核毒の荒野へ
地震津波そして核毒の日々・2014
はじめて福島県の原発事故被災地に行ってきた。核の毒に汚染された地域はこれからどうなっていくのか、復興がありうることなのか、われわれ都市計画プランナーにできることはあるのか、あまりに多くのことを考えさせられて、心の中にどんよりと澱のようなものが溜まっている。

(まちもり叢書 第20号)
都市の街並みを造った
戦後復興期まちづくり
第1章 戦後復興期まちづくり事業と評価
太田南一番街30年/街は蘇るかー現場からの都市論/前現代期都市建築の遺産価値/横浜関内戦後まちづくり史/横浜戦災復興まちづくり評価/横浜都心復興期残影と高度成長期残滓
第2章 戦後復興期まちづくり実践の人々
日本の都市再開発史におけるコンサルタントの誕生/戦後復興街並みをつくった市井の人々(書評:初田香成「都市の戦後‐雑踏の中の都市計画と建築」)/RIAが選んだ建築家共同体組織とその職能展開の軌跡/戦後復興期の都市建築をつくった建築家小町治男氏にその時代を聴く
                            
                                    ◆
                             (まちもり叢書第19号)
            広域巨大災害があぶり出す
            日本列島の人間のはかなさ

地震津波そして核毒の日々・2013
・再び唱える「福島第1原発を世界遺産にしよう」
・震災核災3年目
・東北大津波被災地を訪ねて(名取、東松島)
・奇蹟の一本松のレプリカ復元保存の意味は  他

(まちもり叢書第18号)
言葉の酔時記
‐怪しい日本語‐
・珍迷解コンピュータ用語アホバカ訳語辞典2013/07版
・言葉の酔時記日録2008~09年
・言葉の酔時記日録2010~11年
・言葉の酔時記日録2012~13年

(まちもり叢書第17号)
法末四季賦
‐中越震災復興から次なる課題へ‐
・豪雪の山里にて ・山の暮らしと人々  ・はじめて米つくり体験
・またもや地震がやってきた ・伝統民俗文化による地域再生  
・茅で屋根を葺く  ・自然環境に戻る人文空間  
・田植えと原発  ・地域のしまい方を研究したい

(まちもり叢書第16号)
能楽を観に
・ 野村四郎師に能の観方を聞く  ・能を観にいく  ・ふたつのオルフェ
・能「接待」と「安宅」  ・歌舞伎「義経千本桜」を能の目で観る
・能「定家」の救済のない夢幻能 ・若狭の能舞台 ・佐渡に世阿弥の来た道を訪ねる

(まちもり叢書第15号)
地震の自然と人間の文化
     -2012年地震津波そして原発の日々-
・『津波と村』海辺の民の宿命か ・絆を解いて民族大移住時代へ
・森の長城が津波災害を防ぐ ・原発反対で52年ぶりの国会議事堂デモ参加
・石巻で映画「猿の惑星」 ・森の長城で大津波に備える市民プロジェクト
・震災復興で自然と人間はどう折り合うか ・日本で地震津波原発基地 から安心な町はあるか
 
(まちもり叢書第14号)
福島原発を世界遺産に
       地震津波そして原発の日々(2011)-
・地震勃発記 ・地震おろおろ日記 ・福島第1原発を世界遺産に登録しよう
・原発おろおろ日記 ・津波と戦争そして原発1933年と2011年 ・原爆と原発の夏
・核毒の森へ ・ 分らん原発の日々   (A5版 108ページ  2012.05発行)

(まちもり叢書第13号)
美しい故郷に 
   高梁盆地の昨日と今日そして明日へ
序:
序:鎮守の森の中で 第1章:盆地の周りの山々  第2章:旧城下町と新市街  
 第3章:盆地の街と道  第4章:城の外堀と内堀の谷川 第5章:母なる高梁川
2012.2.A5版64ページ


(まちもり叢書第12号)
風景批評の旅
小樽・裏町の文化の風景/山形七日町・モダニズム建築の風景/巻町・住民観光の風景/長岡市法末集落・豪雪の風景/東京丸の内と日本橋・見世物化する風景/横浜都心・戦後復興の風景/美濃・再生と保存の狭間の風景/京都円通寺・上皇の怨念の風景/高梁・異国の故郷の風景/沖縄宮古島・赤瓦の風景/スイスアルプス・人間が作った風景                     (2011.11 A5版76ページ)

(まちもり叢書第11号)
文化の風景 
   都市の伝統と鄙の民俗の風景を伝える  
・第1章 鎌倉・世界文化遺産をめざす風景
・第2章 城下町文化の風景 新発田・高梁・高山
・第3章 鄙の伝統文化の風景 河和田・法末
(2011.10 A5版80ページ

(まちもり叢書第10号)  
ネパール逍遥 
カトマンヅ・ポカラ・ルンビニ
・第1話:ネパールに初めて行った ・第2話:なんと多様な国なんだろう
・第3話:バス旅の風景に興奮した  ・第5話:カトマンヅ盆地の街と建築
・第6話:聖地ルンビニで信仰心ないわたしが見たもの 
(2011.06 A5版84ページ)

(まちもり叢書第9号)
文化としての緑の環境 
生態の風景・文化の景観  
・緑の山里を訪ねて考えた ・都市の緑の文化誌 ・ 緑の地域のこれから
 (A5版92ページ)

 (まちもり叢書第8号)
建築家 山口文象の世界 作品と評伝
・建築と土木の融合 ・モダニズム建築の現在 ・同時代建築家の証言
・建築家山口文象の軌跡  (A5版84ページ)

(まちもり叢書第7号)
かまくら冬夏 
     世界遺産になれない鎌倉脱出記
・鎌倉鶴岡八幡宮定点観測 ・外から鎌倉の街を診る  
・山並み眺望をついに守りとおした鎌倉 ・鎌倉世界遺産半可通談義
・若宮大路論考と構想   (A5版52ページ)

(まちもり叢書第6号) 
丸の内貼り混ぜ屏風 
見世物としての建築・文明批評としての建築
・東京駅はそのまま復元してはいけません  
・空爆廃墟から再生した赤レンガ駅舎
・再生した赤レンガ駅舎はどう評価されてきたか  
・赤れんが駅舎は復原せずに今の姿で保全すべし
・見世物としての建築-三菱一号館のコピー再現、
・文明批評としての建築-東京中央郵便局の建て替え 
(A5版92ページ)  

(まちもり叢書第5号)
街なかで暮らす 
あぶないマンション建築・いらないバイパス街
・あぶないマンション ・名ばかりマンション ・耐震偽装共同住宅事件
・居住政策のない日本 ・賃借都市の時代へ ・いらないバイパス
・中心市街地を考える ・都市を造り直す ・街に帰ろう、ものづくりの街
 (A5版112ページ)

(まちもり叢書第4号)
波羅波乱猜時記
日々の小言僻言繰言寝言ー
・自分のPCが分からん ・ブログが分からん  ・ ハイテクITが分からん 
・電気自動車が分からん ・電話もテレビもおかしい ・日本語がおかしい
・医療がおかしい ・マンションがあぶない ・赤煉瓦の東京駅があぶない 
・日本の風景があぶない  (A5版112ページ)

(まちもり叢書第3号)  
あなたの街の都市計画は
こんな会議で決めている
ー都市計画審議会委員体験記
・各地の都計審を傍聴 ・生産緑地の不思議 ・ 区画整理はいまも有効か
・提案作戦失敗 ・都計審の議決の効力は ・ここは何を審議するのか
 ・いまだに郊外開発誘導型の都市計画 ・ 時代遅れの都市マスタープラン 
・都計審活性化提言 ・横浜都計審つれづれぐさ (A5版112ページ)

(まちもり叢書第2号)
横浜B級観光ガイドブック 
関外-戦後復興の残照
・寿町界隈・ドヤの街はヤドの街へ ・真金町界隈・遊郭街は下町住宅街へ
・黄金町界隈・青線街はアートの街へ ・福富町界隈・戦後復興の模範の街は風俗街へ
 (A5版40ページ)

(まちもり叢書第1号)
父の十五年戦争 
神主通信兵の戦争手記を読み解く
・初年兵 ・満州事変 ・支那事変 ・太平洋戦争 ・田中参三叔父の戦場
  (A5版64ページ)

0 件のコメント: