2016/02/27

1178【確定深刻の季節】日本列島は増え続ける空き家群というマイナス資産津波に沈没寸前らしいがなにかがオカシイ

 毎年、この季節は深刻になる、いや、そうじゃなくて申告である、そう、所得税確定申告をやるのである。
 昔は、この年度末の忙しい時に面倒なことして金取られるなんてと、本当に深刻になったけど、いまは春先のヒマツブシ行事である。うまくすると、還付金なるお小遣いが戻ってくる。

 今年もその季節だが、いつもとちょっと違うのは、今年のわたしには絶対にお小遣いが戻ってこないどころか、ちょっとした金額を払わなければならないので、気が重い。
 昨年、わたしが父から相続した家と土地を売り払ったので、譲渡所得税なるものがかかるのだ。これまでの申告にはない手続きの用紙を作るのが、よく分らないし、めんどくさい。
 
 でも、そこは毎日日曜日で暇つぶしに困っている身だから、これ幸いと急ぐことなく申告書づくりに準備中である。準備とは、要するに譲渡所得なるものの勉強である。
 いまどきだからネット社会にはそれに関する情報があふれているから、そのお勉強をしているが、それだけでは心もとない。バーチャルじゃないリアルなお勉強をしたい。

 そんなところに税務署から、「譲渡所得の申告についてのご案内」なるものがやってきた。おお、アチラさんは、とっくにお見通しなんだなあ、わたしが申告しようとしてるって。油断も隙もない、怖い世の中である。
 そこに「申告書作成会場のご案内」とあって、なんと直接相談にも対応してくれるらしい。これまではPCで作って、郵送していただけだから知らなかったが、アチラさんもそれなりに対応しているんだな。
税金を納めたい善男善女の群

 そこで先日、その会場に行ってみたら、おお、税金を納めたい大勢の善男善女が行列を作っているのであった。いろいろな相談コースがあるらしい。
 PCもたくさん置いてあって、ここで打ち込んで作るらしいが、わたしは家でやるから、相談だけでいいのだ。
 わたしは行列を大嫌いで、飲食店でも並んで待つなら、食べるのをやめるか、不味くても空いている店がいいと思うくらいだが、税務署は替りがないからしょうがない。
 待つこと30分あまり、黒い背広のお兄さんがこちらへどうぞとて、立机に案内されて相談にのってくれて、譲渡所得の計算について教えてもらった。

 大方はネットで調べた通りだったが、建物価額だけは初めて知ったことがある。
 48年前の家を建てた当時の工事費が書類がなくて分らないのでどうすればよいか聞いたら、その当時の単位面積当たり標準工事費が税務上の計算のために用意してあるから、それを面積にかければよいとのこと。
 それで工事費が分かったのはよいのだが、そのまま計算に使うのじゃなくて、その5パーセントを使えと言う。要するにこの家は償却期間がとっくに過ぎたので、税務上の価値はいまやそれだけしか残っていないのだ。
 
 まあ、しょうがないけど、これでいろいろ考えさせられた。
 父から相続したあの古家を買ってくれた人は、「50年も経った家とは思えないほどしっかりとしている」、だから改装して貸家にするのだそうだ。そう、わたしが若い時に真面目に設計したんだからね。
 それならば、実際はたったの5パーセントの残存価値じゃないんだけどなあ、譲っても5割くらいはあるんだけどなあ。そういうものかなあ。

 だが一方では、こういう現実もあった。実は残存価値は5パーセントどころか、マイナス100%だったのだ。つまり、売却価格は土地代から古家を撤去する費用を差し引いておかないと、市場では流通しないと仲介不動産屋が言うので、そうしたからだ。
 実際には買った人は、撤去しないでリニューアルするというから、撤去新築よりも投資が少なくて済んだはずだ。わたしは損をした気分だが、まあ、それは素人が市場取引に負けたのだから仕方がない。
父が引退後の生活の場として1966年に建てたこの家も、その後は年々減価して今やマイナス価額
というわけで、不動産とは言いながら、土地の価格は減価しないが、建物はどんどん減価消費していって、ゼロどころかマイナス価格になってしまう世の中なのであった。
 日本に増えてきて今や820万戸もある空き家は、そこにあるだけでマイナス資産だし、それがそのままマイナス度合いを深めている上に、空き家そのものの数が増え続けているというから、もうマイナス資産の総攻撃を受けている。マイナス資産の津波に日本列島は沈没しつつあるのか。

 これって、なんだか根本的にオカシイような気がする。
 まあ、とにかく、マイナス資産の税金を払うためのヒマツブシ申告作業を始めようかな。




2016/02/25

1177【言葉の酔時記】また言葉狩りで「ボケ」、「障害」につづいてこんどは「徘徊」がダメになるのか

 またもや”言葉狩り”らしい。「徘徊」が差別用語に認定されたようだ。「目的もなくうろうろと歩きまわること」は、いけないことだそうだ。
 そんなの困りますよ、わたしなんぞ毎日のように、何の目的もなく、ウロウロとそのあたりを歩き回ってるんだからね、そのうちに警官に逮捕されるんだろうか。
 いいから放っておいてくださいよ、誰にも迷惑かけてはいなんだから。

 どうも、認知症老人が徘徊して戻れなくなっちまうのを、介護者が探しに行かなけりゃならないので、それが迷惑だというのであるらしい。
 でもなあ、だからといって「徘徊」って言葉を目に敵にしたって、解決にならないでしょ。おかしいなあ。


 ずっと前に「
ボケ老人」という言葉狩りをされて、「認知症老人」になった。でもねえ、「認知不全症」ならわかるよ、それを「認知症」って、いったいなにを認知するんだよ。
 民法799条の非嫡出子の「認知」をしたら、その男は認知症なのかい。


 「
障害者」も言葉狩りにあって、今じゃあ「障がい者」と書くのだそうだが、これこそ奇妙である。だってさ、「障」ってのは、邪魔と言う意味だよ、かな書きにすればよいのだって言うなら「しょうがい者」にしなさいよ。
 そうか、「徘徊」も「はいかい」って書けばいいのかな。


 このように意地悪く書くのは、わたし自身が「ボケ」「認知症」「徘徊老人」、そして腰椎骨折で「障害者」になったので、堂々とその言われる立場から反論できる身になったからである。

2016/02/21

1176【能楽鑑賞】能「仲光」を観て演技は素晴らしかったがストーリーがなんだか歌舞伎狂言的で違和感があった

 能舞台上で演じるフィクションの死が、実はひとりの能楽師のリアルな死につながっていた。その死を想いつつ、舞台を観たのであった。
 2016年2月20日、テーマ「生と死のドラマ」の横浜能楽堂企画公演には、能「仲光 」のワキに宝生閑が出演の予定であった。だが、この名人はこの2月1日に他界した。
 わたしは、この演能がもしかしたら宝生閑最後の舞台かもしれないと、ひそかに思っていたのだが、現実の方に追い越された。見ること叶わなかった最後の演目は何だったのだろうか。

 企画公演には識者の講演が付く。今回は能楽研究家の西野春雄氏が登場した。話の要点は、今回の能「仲光」には、これまでになかった新しい演出をしたとのこと。
 正確に言えば新しいのではなくて、古い演出を復活してみたのであると言う。配布プログラムの「仲光」の小書きのところに「古演出による試演」と書いてある。予告パンフにあった小書きは「愁傷之舞」だった。
 
 プログラムの一部を引用する。
「観世流の「仲光」(他流では「満仲」)は江戸期に上演が中絶していたようで、明治12年に梅若実により復局されました。今回は、能楽研究家の西野春雄氏の監修により、現行観世流の台本を活かしつつも、松井文庫所蔵の謡本「まんちう」(観世流節付)を基に、下掛り古写本も参照して、現在では仲光が舞う演出を、本来の美女丸が舞うように戻すなど、不整合を正して、試演します。」

 能楽は600年もの伝統的古典芸能ではあるが、その間に変らないのではなく、継承しつつもその時代時代に新たな演出を加えて、次第に変容してきている。
 それらいろいろな新演出のなかで、特に後世に継承するべきと評価されたものには、「愁傷之舞」のように名前を付けて、演目名に「小書き」として書き添える。
 だが、今ある能には、よく分らないヘンな演出も伝えられているそうだ。どうやら、この仲光もそのひとつで、ストーリーと演出が整合しないところがあるらしい。
 それを今回は考証し直して、昔はこうであったろうと戻して演じるというのである。そのほうが分りやすいのだそうだ。
 
 新演出と言っても、ストーリーはそのままであり、最後のあたりの舞い手を、これまではシテの仲光がやっていたのを、子方の美女丸が舞うようにしたのだ。
 そのほうが状況的にも詞章にも適切であるとのことだが、わたしは「仲光」を見るのは初めてであるから、それがどう違うのか深くは分からない。 
 西野は、今回の演出が今後どう継承され、そしてまたどう変化されるかわからないが、この演出が正式の小書きをつけられて舞台に乗る基本となるならば、今日の観客は、古典芸能の変容の歴史的瞬間に立ち会うことになるだろうと言うのであった。 

 ところで、この「仲光」のストーリーは、なんとも能楽らしくなくて、どちらかと言えば歌舞伎的なのである。能のストーリーは、どちらかと言えば単純であるが、仲光は人間臭いお芝居になってしまいそうなのである。
 その歌舞伎的とは、『一谷嫩軍記』3段目「熊谷陣屋」と『菅原伝授手習鑑』4段目「寺子屋」において、他の身代わりに自分の子を殺す悲劇がテーマになっているが、この「仲光」もまさにそうであるからだ。
 
 能の前段は、多田満仲なるバカ殿がいて、留学させてた息子の美女丸が戻ってきたので、聞いてみるとスポーツばかりやっていて勉強してないと分って激怒して、刀で切り殺そうとする。家臣の藤原仲光が、まあまあとなだめて止めるのだが、それならおまえが美女丸を切れとバカな命令をする。
 この10世紀ごろは、主君の命令はどんなことでも実行するルールがあったらしく、仲光は命令と憐憫の狭間で困って悩むのである。それを見かねた仲光の息子の幸寿丸が、それなら同じ年頃だから私を切って首を持っていけば、分らないでしょうと言う。仲光はますますどちらを切るか大いに悩み、結局は自分の子を切るのだった。
 
 美女丸は自害するというのをなだめて遠くの寺に逃がし、主君には切ったと報告する。すると満仲が、自分の跡継ぎの子がいなくなったから、お前の子の幸寿丸をくれと言う。どこまでバカ殿か。困った仲光は、幸寿丸は世をはかなんでどこかに立ち去ってしまったという。
 後段は、そんなところへ、美女丸を連れた僧都が、バカ殿を訪ねてやって来る。この坊さんが宝生閑が務める役であった。僧都は美女丸と仲光を許してやれと、バカ殿を説得する。それで丸く収まって、祝いの舞を美女丸が舞うのである。

 つまり、仲光が主君の命で、主君の子の美女丸を切るか、身代りに自分の子の幸寿丸を切るかと悩みに悩んだ末に、自分の子のを殺すという悲劇である。
 だがこれは主君満仲が大馬鹿としか思えないし、仲光がその馬鹿殿になぜ従うのか、さっぱり納得がいかない。
 後段にも、なぜ簡単に美女丸が戻るのか、なぜそれがメデタイと舞うことになるのか。仲光の苦悩を見せるのが狙いだろうが、ストーリー展開にかなりの無理がある。
 舞台の演技に心を預けて鑑賞したいのだが、この納得のいかなさがはじめから最後まで心に引っかかっていて、安心して能にハマっていけないのである。
 新演出なら、いっそのことそれらの無理筋も直してもらいたい。新作にしてもいいと思う。

 野村四郎の演技は、能よりも歌舞伎狂言に近い、とまでは言わないにしても、直面(ひためん)に感情を現しつつの悩みの所作は、どこかリアルな演技に見えてきた。
 子方の二人のどちらかを切るかと悩むとき、最後の美女丸の舞を見て嘆き悲しむとき、この2大山場の演技は、能の持つ抽象性による様式から、歌舞伎の具象性の様式に引っぱられたように見えた。
 このあたり能としてみるか、歌舞伎としてみるか、などと余計なことを考えるからいけないので、もっと素直に見ればよいのであろう。

 最後に、生き残った主君の子の美女丸が舞うのだが、これを家臣の仲光が見ながら、切り殺した自分の子の幸寿丸も生きていたら、二人の子が一緒に相舞をするのであろうにと、ふかく嘆き悲しむところで、この能は終わる。
 この舞の終わりころに立ち上がって、橋掛かりに座り込んでの深いいシオリ、舞台に戻ってから、こんどはほんとに両膝を折って座り込んでのまた深いシオリ、このながい嘆きは歌舞伎的であった。
 この深い嘆きの場面は、バカ殿の前で行うのだから、考えようによっては、これは理不尽な主君満仲への抗議の意味もあるかもしれない。

 わたしは観ながらふと思ったが、この日の「仲光」のワキは宝生閑の予定だったのだから、この今いない死んだ子への仲光の嘆きは、実はこの舞台にいるはずでいない宝生閑への嘆きに重ねているのかもしれない。
 そこに演技にリアルさが見えたのだろう。これが野村四郎の新たに切り拓く能楽かも知れない。最近は、ロミオとジュリエットなんて芝居もやったそうだから、年取るほど新しいことをやっている。

 能楽での様式的演技とリアル演技については、狂言の「武悪」のシテ山本東次郎の演技をすごいとみたのである。実は「武悪」も初めて見た狂言である。
 前段においてのシテは武ばった様式的な演技であって、笑いの対象とはならないが、その所作のいちいちがいかにもの感じで、引き込まれた。

 それが後段では一転して、幽霊を怖がって震え上がる喜劇的演技になり、ビックリして転げるという漫画的な演技もあって、様式を逸脱する。怖がりながらも武張るおかしさを、自在に行き来する演技をして、東次郎はスゴイ。
 そしてその後の仲光における四郎の演技と並べて考え、能楽における様式演技とリアル演技をどう行き来するのか、興味を持ったのである。

 それにしても能役者野村四郎は80歳になるはずだが、観世流で舞台に登場する現役最高齢者だろう。近ごろそのお顔が、長兄の萬そして父6世万蔵に似てきた。ちっとも枯れない演技を続けるどころか、芝居に色気を見せる。今回は新演出のために、その美しい舞を見ることができなかったのは残念だった。
 山本東次郎79歳、こちらも枯れないでますます磨きがかかる。宝生閑は、枯れてきていた感じだったが、83歳で逝ってしまった。

 わたしが能楽を観るようになったのは、野村四郎師に入門した1991年からである。四半世紀も前であったか。
 今回の舞台では、四郎師のひとり息子の野村昌司も地謡にいたが、しっかりした中年顔になっている。地頭の浅井文義はこんな年寄りになったかと自分の目を疑った。
 ツレの観世銕之丞は、立派な貫禄になって、でも太り過ぎですよ、舞台では。太り過ぎと言えば、ワキの殿田謙吉もそうである。
 そして、子方の二人は10歳と12歳だそうだが、キチンと務めた。特に美女丸の長山凛三は、謡も舞もすばらしかった。新演出が生きたのは、この長山君のおかげである。地謡にいた長山桂三の子息であろうか、役名通りの美少女のようであった。


●横浜能楽堂企画公演  (当日プログラムより)

「生と死のドラマ」 第3回 「『忠』と『情』の選択」 2月20日(土)14:00~17:05
能・狂言が花開いた中世。それは、「生」や「死」が今よりもずっと近しい時代でした。
それを象徴するかのように、能・狂言の作品には様々な生や死が描かれています。
人は死後も霊として現れ、草木などの自然にさえ人格が宿ります。
そして生きる者は、「生」「死」の問題に直面し一喜一憂します。
この能・狂言に見られる死生観は、600年以上経った今なお「生きること」「死ぬこと」を
永遠のテーマとする私たちに、何を示すのでしょうか?
能・狂言の作品と講演による4回シリーズを通じて迫ります。

講演:西野 春雄(能楽研究家)
狂言「武悪」(大蔵流)
 シテ(主)     山本東次郎
 アド(太郎冠者) 山本凜太郎
 アド(武悪)    山本 則秀

能「仲光」(観世流) 古演出による試演
 シテ(藤原仲光)  野村 四郎
 ツレ(多田満仲)  観世銕之丞
 子方(美女丸)   長山 凜三
 子方(幸寿丸)   谷本悠太朗
 ワキ(恵心僧都)  殿田 謙吉
 アイ(満仲の下人) 山本泰太郎
 
 笛 :一噌 庸二
 小鼓:曽和 正博
 大鼓:國川 純
 後見:浅見 真州  谷本 健吾
 地謡:浅井 文義  岡田 麗史
     馬野 正基  北浪 貴裕
     野村 昌司  長山 桂三
     安藤 貴康  観世 淳夫

2016/02/18

1175【尻餅老人起臥戯録11】腰椎圧迫骨折治療で医者が替わったら同じ診断で同じ薬なのにこれまでの医者とは違うこと言われてビックリ

【尻餅老人起臥戯録10】の続き

●いつもの医者が休んで代診だった

 え~っ、この前までの医者の言ってたことと違うのは、いったいどういうこと?
 昨年5月初めの尻餅第4腰椎圧迫骨折事件から、いまや9か月半、本日(2016年2月18日)、9回目の病院行きで、おやおやってことに出くわした。

 いまや、治ったと言えば治ったし、治らないと言えば治らない感じである。日常生活は支障なくなったが、腰を曲げると痛みを感じるし、長く椅子に座っていると痛くなってくるから、完治はしていない。
 X線撮影と診察、9時に入って10時に出たから、これまでと比べて格段に早かった。この前と同じ薬である。

 さて、本日の診察は、これまでのいつもの医者が休んで、代診の医師だった。
 あれッ、予約したのにそんなことあっていいのかい、違う医者が経過も知らないで診て、分かるものだろうか。
 だが、このような特殊でもない負傷なら、誰が診察しても同じだろう。まさかと思うが、もしかして違う診断をされたら、それはそれでセカンドオピニオンを受けたようなもので、面白いことになるな、と思った。
 
 ここで思い出すのが、医者が替わったら、まさかと言う事件が起きた経験を、わたしは持つのだ。2003年に起きたわたしの足についての誤診事件である。医師が替わったら、それまでの不治の病が別の病名になって、全治したのだ。 
https://sites.google.com/site/machimorig0/handicapped


●同じ診断で同じ薬でも医者が違うと治り方が違うんだ

 そのまさか、と言う事件がまた起きたのだ。さすがに、第4腰椎圧迫骨折が別の名前になることはなかったが、その治療についてはこれまでとはずいぶん違うことを言われて、ビックリしたのであった。
 で、今日のX線写真と初回のそれとを、PC画面で見比べつつ、こんな問答をやったのである。今日はカメラを忘れたのでPC画面を写してこなかったが、X線写真の結果は前と変わりなかった。
最初の2015年5月の第4腰椎圧迫骨折MRI画像

毎回の第4腰椎圧迫骨折X線画像だが、ちっとも変化がない

医師:見ての通り、X写真の骨の状態は変わりませんね。
:え、最初と今日の比較がこれですか、ええ、変らないですね。でもね、毎日毎週、薬を飲んでるのに、なぜ変わらないんですか。前の先生は、骨が戻ってきてますよと、毎度言ってくださいましたよ。
:いや、この圧迫骨折した第4腰椎部分は、もう元に戻らないんですよ。
:え~っ、前の先生は戻ると言って、ほらここのところ、白い状態が進んで固まってきてるでしょ、なんて、X線を指さして言いましたよ、もっとも、わたしには変化が見えなかったのだけど、医者には分るのかなあと思ってましたが、。
:いやいや、戻らないんです。

 実はX線写真見てのわたしの疑問は、以前(2015年10月8日)に、こんな風に書いているのだ。http://datey.blogspot.jp/2015/10/1131.html
「今日はその医者通いの6回目であった。
 X線撮影の映像を見れば、圧迫して凹んだ第4腰椎の治り具合は、はかばかしくないように見える。骨が回復するって効能書きの、高い薬を飲んでいるのになあ。
 だが、医者は「ほれ、このあたり、骨が白くなってきて固まってきてますよ」と、励ましてくれるのであった。
 「はあ、そうですかあ、、」、医者がいうのだから、たぶん、治ってきているのだろう。」

 で、今日の代診医者との会話の続き。
:じゃあ、なんで薬を呑まされてるんですか、治りもしないのに、、。
:それはですね、こうやって腰椎のひとつが傷ついたら、健全な他の腰椎も、なにかのショックで傷つき易くなる可能性があるんですよ。あなたの骨密度検査の結果は正常ですから、これ以上悪くならないように、ビタミンDとか骨粗鬆症の薬で、骨全体を丈夫に保つようにするんですよ。
:え~っ、そうなんですかあ、わたしはこのつぶれた腰椎をもとに戻すように治す薬とばかり思っていましたよ、違うんですかあ、へえ~、そうなんだあ。
:ええ、そうなんです。
:で、この残存する痛みは、いつ消えるんでしょうか。
:完全に消えるとは言えませんね。


●どっちがヤブ医者なんだろうか

 この前までの若い女性医師の言うことと、この若い男性代診医者の言うことがずいぶん違うぞ、どういうわけだよ。
 あの女ヤブ医者メ、いい加減なことを言いおって、と思ったが、まてよ、この男医者の方がヤブかもしれないなあ、どっちがヤブかわからないよなあ、これがホントの藪の中。
 まあ、どっちがヤブなんですか、なんて医者相手に余計なことを言って怒らせるのは、患者にとっては得策でないと気が付いたので、それ以上の深入りをやめた。

 考えてみると、これまでの女性医者は、腰椎が復元して治る方向にあると希望を持たせてくれたのだが、今回の男性医師は、その希望を明確に打ち消してくれた。
 物理的と言うか医学的にどちらが正しいかはわからないが、患者にとっては心理的精神的には復元して治る希望を持つ方が、医者通いに意義を感じるものだ。

 このあたりは、患者の医療行為への対応もあるけど、病院の経営学方面への対応の問題でもあるよなあ、あの女医はこの病院の経営者のひとりなんだろうか。
 いやいや、患者を積極的に治療へと励ますための、高等なる治療作戦かもしれないなあ。病は気からと言うもんなあ、。

 と言うわけで、これはもう完治しない傷を背負ったままに、このあと死ぬまで骨薬を飲みつつ老いていくしかないらしい。
 痛みが完全に消えないのに、死ぬまで骨薬を毎日1錠と毎週1錠を飲み続けるのもバカらしい感じもある。いつ止めるかなあ。
3か月分の薬 1350円
それにしてもなあ、治らないのかあ、、まあ、先は長くないから、どうでもいいや、死ねば治るさ。
 
(追記:2017年8月11日)
 この骨折事件に関するブログ記入は、上記の11回目で中断してしていたが、本日、これを読んで追記しておく。
 その後も3カ月に1回のインターバルで医者通い、交代した医師が診ていた。でも、X線写真は変化なし、痛みは次第に消えていく。2016年の8月から医療費負担がそれまでの1割から3割になった。どうせ先は長くないのだしと思うと、もう無駄のような気がして、病院通いをやめた。現段階では圧迫骨折部の痛みは完全に消えた。腰が痛いこともあるが、年齢相応だろう、まあ、これで良しとしよう。
 ただし、別の病気で別の病院通いがはじまる、ヤレヤレ。(終り)
 
・尻餅搗いて突発寝たきり老人になったが、、、2015/05/05~


2016/02/17

1174【言葉の酔時記】酒屋で酒を買おうとしたらこのわたしを未成年と見破った店員が年齢確認ボタンを押せと言う

酒の小売店にて
店員:いらっしゃ~いませ。
:あ、このウィスキー下さい。これ2000円ね。
:はい、ありがとうございます。では、ここんところボタンを押してください。
:なんだい、そりゃ、、、眼鏡がないのでよく見えないけど、20なんとかって書いてあるような。
:はい、年齢確認です。お客様が20歳以上かどうかの確認です。
:おお、お世辞をありがとよ。もっと上手なお世辞を言いなさいよ。
:いや、そうじゃなくて、ここを押してください、確認ですから。
:おや、本気かい、君ねえ、見りゃわかるだろ、この白髪頭と皴くちゃ顔なのを、君は未成年に見えるのかい。
:お願いします、年齢確認ですから。
:あのね、それを私が押して20歳以上かどうか自分の年齢を確認しなくても、わたしは自分の歳を忘れるほどボケてないから安心しなさい。
:いや、そうじゃなくて、でも、、、
:じゃあ聞くけど、誰が、誰の歳を確認するんだい。
:あのー、未成年に酒の販売をすると、罰せられるんです。だから確認を、。
:ということは、わたしが自分の年齢確認するんじゃなじゃくて、酒屋の君の方が客のわたしの年齢を確認するんだろ。
:はあ、ええ、まあ。
:じゃあ、君が見破った通り、わたしは未成年だからね、そのわたしが押して、君が酒を売ったら、君が罰せられるよ。
:えっ、そうですかあ、そうかなあ、、。
:そうだよ、そうなるんだよ、だからね、君がわたしを見て20歳以上と確認して、君自身で押すべきなんだよ。
:あ、そうかなあ、そうかもなあ、う~ん、じゃあ、ぼくが押します。
:うん、それでいいんだよ、これからのお客にはそうしなさい。
:はい、ありがとうございます。
:ところで君は何歳だい。
:はい、19です。
:おいおい、未成年が酒を売ってもいいのかい。
:う~ん、え~と、、、そうだ、ぼくが売る前にこのボタンを押して、自分の年齢確認してから売ればいいのですね。
:ボタンのやつが文句言わないのかい。

2016/02/12

1173【五輪便乗都市計画】岸体育会館と外苑ハウスの計画が分ったがなんで土地区画整理事業なんだろうか


【1172五輪騒動】の続き
http://datey.blogspot.jp/2016/02/1172.html

 ネット社会で趣味の都市計画ゴタクを並べていると、さすがにネット時代はすごいもので、たちまち疑問を解く情報提供のお方たちがでてきた。ありがたいことだ。
 昨日の五輪騒動ブログで、外苑ハウスや新岸体育会館(正しくは「(仮称)日体協・JOC新会館」というらしい)のあたりが、どうもよく分らないことを書いたら、それらの地元説明会の資料を教えてくださったお方がいた。 
岸体育会館説明資料の一部
外苑ハウス説明資料の一部
そこでこれら3図を合成してみたら、こうなるのかとよく分かった。

  外苑ハウスは、原則的には現在の敷地の中で建て替えるらしいが、スタジアム通りからのアクセス通路部分を、新岸体育会館敷地の一部に入れるらしい。
 外苑ハウスはスタジアム通りからの車アクセスはなくなって、外苑西通りのみからアクセスにする、というわけか。
 土地区画整理事業をやるそうだから換地するのであろうが、北側の都営住宅が無くなって公園になって環境が断然よくなるから、外苑ハウスの土地評価はぐんと上昇するだろう。とすればそのアクセス部分の土地は減歩対象か。

 新岸体育会館の説明資料に、計画地10000㎡と書いてあるのは、地区施設の三角広場1000㎡とJSC新ビル敷地も含むのであろう。
 これら3つの施設(三角広場、JSC新ビル,岸体育会館)をひとつの敷地にして、岸体育会館はJSCビルの増築扱いにするのか、それとも敷地は別だけど計画は一体ということか。三角広場は敷地か敷地外か、そこのところがわからない。

 なんにしてもこうなると、地区計画のAー3及びAー4地区の変更が必要である。
 Aー3とA-4の間の外苑ハウスアクセス通路部分をA-4に組み入れ、元こもれび広場部分をA-3から切り離して、A-4に組み入れて、面積変更をすることになるだろう。
 先の都市計画公園の変更の時に、こもれび広場部分を都市公園から除外した理由が分らなかったのだが、そこを新岸体育会館の敷地に組み込みたかったのが、その理由らしい。今になってようやくその下心と言うか”陰謀„の意図が分かった。

外苑ハウスの土地については、新たに再開発等促進区と地区整備計画の記述が必要になる。
 しかし、再開発等促進区のような緩和型地区計画で、最初にその内容がないままに再開発等促進区のみを定める地区計画ってのは、違法ではないが不適切であると、わたしは思う。これはこれから出て来るであろう神宮外苑と青山通り沿いの土地についても同じである。
 つまり、緩和するってだけ決めて、なぜ緩和するのか、緩和に見合う地域貢献は何かについてきめるのは後回しってのは、都市計画の決め方として、オカシイでしょ。

 ところで、どうして土地区画整理事業なのか、いまだにわからない。
 土地区画が変るのは、外苑ハウスのスタジアム通りからのアクセス通路が、岸体育会館敷地に組み込まれるだけである。
 これだけのために土地区画整理事業ということは、なにか税務上の都合でもあるだろうか。

 まあ、わたしとしては、遠くの街の、なんの関係もない、どうでもいいことに、自分の都市計画趣味で、なんの役にも立たないことを言っているのだが、唯一役に立つのは、わたしのボケ進行の遅延策にはなることだ。まことにありがたいことだ。


(追記1 2016/06/16)
 右のような図を東京都から情報公開によって手に入れた方(Masazumi Atsumiさん)がおられて、ネット公開されたので、その図を引用します。
 これを見て、なぜ土地区画整理事業とするのか、その理由を次のように推測します。
外苑ハウスの敷地は、東側の接道がスタジアム通からできなくなって、西側の区画道路が前面道路になるのだけど、建て替えのためにはこの狭い区画道路の幅を広げる必要がある。
 それには、現在都市計画公園決定している都営霞丘住宅の土地の一部を、拡幅道路として取り込む必要がある。
 そうすると都市公園の一部廃止が必要になる。しかし都市公園法第16条は、公園の廃止を禁止している。
 そこで同条第1項を適用、つまり都市計画事業としての土地区画整理事業を行うことで、例外措置により一部廃止をする。

●都市公園法第16条 
 公園管理者は、次に掲げる場合のほか、みだりに都市公園の区域の全部又は一部について都市公園を廃止してはならない。
1 都市公園の区域内において都市計画法 の規定により公園及び緑地以外の施設に係る都市計画事業が施行される場合その他公益上特別の必要がある場合
2 廃止される都市公園に代わるべき都市公園が設置される場合

(追記2 2016/05/25)
Masazumi Atsumiさんのフェイスブック経由情報によれば、区道拡幅部分は都市公園指定範囲外とわかった。予め拡幅予定部分を外して公園指定してあった。だから都市公園法上の問題はないと分かった。都市計画決定時の図が小さくて、それを判別できなかったわたしの誤りでした。
 土地区画整理事業とする理由を推測すると、換地によることで、外苑ハウスの土地に関する負担をなくするためでしょう。

新国立競技場建設と神宮外苑再開発・2020五輪運動会騒動瓢論集(まちもり散人)
http://datey.blogspot.jp/p/866-httpdatey.html

2016/02/10

1172【五輪騒動】新国立競技場に便乗の周辺開発計画が動き出して都市計画変更や区画整理事業をやるらしいがなんだか不可解

●岸体育会館がやってくるので地区計画変更だろうか

 どうやら新国立競技場場騒動が一段落したからだろうか、こんどはその南あたりに建築を建てる計画が動き出しているらしい。
 南あたりとは、都市計画変更前の都営霞丘住宅地、明治公園こもれびテラス、そして外苑ハウスの土地である。
 都営住宅地は、都市公園の変更で新たに明治公園に都市計画決定されたから、多分、ここには建築計画は無いだろう。(ここでは「新霞ヶ丘広場」と言うことにする)

 角地の三角の明治公園こもれびテラスは、同じく変更で明治公園から除外して、新たに地区計画の地区施設として「広場」の指定となった。(ここでは「三角広場」と言うことにする。)
 このあたりで最近になって知った建築計画のひとつは、代々木にある岸体育会館を移転して、この三角広場に建てるというニュースである。それを読んで勝手に考えることにする。

 日刊建設工業新聞http://www.decn.co.jp/?p=59995にそのニュースが出ている。
「日本体育協会(張富士夫会長)は、老朽化が進む岸記念体育会館(東京都渋谷区神南1の1の1、同協会の本部が入居)を神宮外苑地区に移転新築する。新会館の名称は「日本体育協会・日本オリンピック委員会新会館(仮称)」。東京都新宿区霞ケ丘町4丁目の都立明治公園こもれびテラスと民有地を都が土地区画整理した敷地(約3300平方メートル)に建設する。新会館の規模は地下1階地上14階建て延べ約1万9500平方メートル。建物の最高高さは60メートル。」(2016年2月4日)
 ニュースの通りだとすると、都市計画決定している地区施設の広場に、建築を立てることはできないはずだから、これから地区計画の都市計画変更を行う必要がある。
日刊建設工業新聞記事2016年2月4日
地区計画で三角広場は地区施設の広場指定

どのように変更かわからないが、まずは再開発等促進区の土地利用基本方針の変更が必要である。現在のそれは、新霞ヶ丘広場と三角広場をまとめてAー3地区として、その土地利用方針は次のとおりである。
「国立霞ヶ丘競技場の建替えに合わせて、外苑前駅方面からの新スタジアムへのバリアフリールートの整備を図るとともに、公園・広場等として整備を図る。」
 これだと、建物を立てることはできないだろう。「公園・広場等」の「等」のなかに岸体育館も含まれるとは、まさか言うまい。この文面の変子が必要だろう。

 更に地区整備計画の変更も必要である。
 広場を廃止するか縮小するとすれば、地区計画で決めた地区施設広場は、なんだったのか。これに替わる広場をどこかにつくるのか。その南のJSCビル敷地と調整して、広場を確保するか。
 ニュースによると計画では建築高さ60mとある。現在は高さ制限は高度地区規制の30mだから、2倍以上に緩和する必要がある。ただし、Aー3地区全部を緩和すると、公園も緩和に入るから、Aー3地区から3角広場部分を分離するのだろうか。
 緩和に対応するためには、地区への貢献が必要だが、そのための新たな地区施設等の指定も必要になるだろう。
 そのほか現在は何も書いていない用途制限も、新たに書き込む必要があるだろう。容積率の緩和は必要なさそうだ。

●外苑ハウス建替え地区整備計画追加か

 新霞ヶ丘広場の南にぶら下がる「外苑ハウス」の建て替え計画について、地元に説明会があったそうだ。その資料がネットに載っていたので、それを見て勝手に考えることにする。
 地区計画が決定した当初から気になっているのだが、この一民間共同住宅ビルの外苑ハウス敷地だけが、どうして都市計画の地区計画区域に入っているのだろうか。
 このあたりの寺院や学校住宅地などが広く入っているならわかるが、外苑ハウスだけが入っているは、地形的にも土地利用的にも、そして都市計画的にも、どうにも不可解である。

 不可解と言えば都営住宅用地が入っているのもそうだが、そこは新国立競技場がらみということで百歩譲るとしても、どうみても外苑ハウスは新国立競技場に何の関係もない。
 地区計画でここだけ地区整備計画が抜けているのは、新国立競技場には何の関係もないという証明のようなものである。つまり地区整備計画を定めるに至るほどには多数の地権者の合意ができていないということだろうから、ドサクサまぎれにとにかく地区計画に入っておこうと、強引に再開発等促進区はめ込んだように見える。


 さて、その外苑ハウスを建て替えする地元説明の資料によると、建替え建築の規模は、敷地約9千㎡にたいして、延べ床約6万㎡、高さ80mだそうである。
 となると、どうしえも容積率は現行300%を500%に、高さは現行40mを60mに緩和が必要になりそうだ。今はまだ定めていない地区整備計画を、新たに制定する必要がある。
外苑ハウス建替え計画の地元説明資料の一部(ネットより)
だが、これだけ大きく規模的緩和をするべき都市計画的理由は何だろうか。それに見合う社会的貢献が必要だが、それは何か。
 地元説明資料を見る限りでは、単純に現在の敷地の中で大規模化高層化して建て替えるだけで、道路や公園を提供するような特別に地域に貢献する施設はなさそうである。
 子育て支援施設とか災害対策施設とか書いてあるけど、まあ、この規模なら当たり前のようなものである。店舗を設けるから、競技場の観客を相手にひと儲けするらしい様子もある。

 敷地内に広場を設けているのが貢献のつもりだろうが、そもそもすぐ北隣が広い新明治公園公園だし、南東隣は高等学校、西隣りは寺院と墓地だから、周りに十分オープンスペースがあって、いまさらここに広場を設けてもさほど地域貢献にならないだろう。要するに共同住宅住民のための施設にしかならない。
 どうも現在のビルを巨大なものに建て替えるだけとしか思えないのだが、それでも都市計画の緩和がありうるのだろうか。
 ここのような低層市街地に接して道路幅も広くないアンコ部分に、大規模高層ビルが建つのは、都市計画的には好ましくないだろう。
 せっかく都営住宅をつぶして作る公園が、このビルのおかげで日陰になってしまう。

 わたしは外苑ハウスの建て替えがいけないと言っているのではなく、老朽化したのなら建て替えするべきだと思うのだが、一民間ビルの建設を公共的な意義がある都市計画として、その敷地だけを規制緩和して支援する理由が、どうも見つけにくいと言っているのだ。
 これが建て替えられても、今よりも市街地環境がよくなるとは思えないのだ。ここの都市計画には、何か特別のなことでもあるのだろうか。

 今後、この周辺の民有地が、うちも再開発促進区に追加したいと言うと、その都度敷地毎におなじように追加して緩和するのか。外苑ハウスができて他ができない理由がない。でもそれでは都市計画はめちゃめちゃである。
 念の為に書いておくが、わたしは外苑ハウスにはなにの関係もなく、眼に敵にしているのでもなくて、都市計画一般論として不可解と言っているのであるから、誤解しないでもらいたい。

●やるならもっと根本的な整備をやれ
 
 このあたりを土地区画整理事業で整備するというニュースがあるが、本当だろうか。
 土地区画整理事業は広い範囲の土地を入れかえて、道路、公園、宅地を使いやすく良い環境に仕立て直す事業である。
 上に見たように、三角広場も外苑ハウスもその土地のままで、建物を建てるらしい。新明治公園とあわせてこのあたりを入れ替え整備はしないらしい。
 道路や公園があらたにできるのでもないらしい。土地区画整理事業で何をやるのだろうか。
 
 わたしは以前に、このあたりを土地区画整理事業で整備するならば、このようにやるといいだろうねと、勝手に提案をしたことがある。http://datey.blogspot.jp/2015/12/1156.html

 その骨子は、都営霞丘住宅用地の西の外苑西通り沿いに外苑ハウス(図の④)と岸体育館(図の③)の敷地を持っていき、その東の範囲(図の④)に都営霞丘住宅の建て替えをし、外苑ハウスの跡を公園(図の③)とするのである。
 こうすれば広い道路に面して高層建築群が建ち、街区のアンコ部分は中低層住宅と公園となるのである。

 このように外苑ハウスも入れて全体を揺さぶって整備するならば、外苑ハウスが都市計画に入っていても不思議ではない。
 なお、新国立競技場敷地は、建物の外部を全て明治公園として開園する。これによって、明治公園の面積問題はなくなるはずである。
 もちろん、現在の都市計画公園や地区計画の変更をしなければならない。

 と提案を書いてきたが、まあ、どの方面からも一顧だにされないでしょうな、犬の遠吠え、蟷螂の斧、ごまめの歯ぎしり、馬耳東風、猫に小判、蛙の面に小便、、、いいんだよそれでも、こちとらは趣味で言ってるんだからね、。

●次の便乗本命都市計画変更がもうすぐ出てくるだろう

 まあ、なんにしても、外苑ハウスや岸体育会館のために、そして便乗大本命の神宮球場などの神宮外苑の中の都市計画追加変更案が、近いうちにでてくるにちがいありません。
この次の都市計画大本命の神宮球場やラグビー場等の再開発は?
  あ、そうだ、忘れそうになったが、大大本命の新国立競技場の敷地そのものの地区整備計画の変更案も、新案に決まったので変更があるに違いない。
 もしも変更が無いなら、新案はザハ案を踏襲したことになる。

 東京都民のお方たちは、都市計画行政の動きに注意しておきましょうね。
この前みたいにも、決まって締まってから、知らない間に決まってたなんてブツブツ文句を言うのじゃなくて、都市計画手続きの素案段階でも原案段階でも縦覧の時がきたらすぐさま、意見があるならばきちんと意見書を出し、意見公述しましょうね。
 意見書を出しても、意見が取り入れられるかどうかわからないけど、すくなくとも都市計画審議会の委員たちが、この前みたいにイイカゲンじゃなくて、こんどは真面目に審議するように、その言動に注意して精神的圧力をかけましょうね。

 わたしは現地の事情もオリピック事情もインサイダー情報は何も知らないし、東京都民でもないから、ナンダカンダと言っても、ヒマ老人が机上で頭をひねって、ボケ防止に遊んでいるだけである。
 無責任なものであることを承知しているが、都市計画を専門としていたものとして、ちょいと気になるからときどきこうやって書くのである。

新国立競技場建設と神宮外苑再開発・2020五輪運動会騒動瓢論集(まちもり散人)
http://datey.blogspot.jp/p/866-httpdatey.html
 

2016/02/09

1171太平洋戦争で日本都市の空爆コンサルタントをした建築家アントニン・レイモンド展を見てきた

建築家アントニン・レイモンド展覧会を、銀座の教文館ビルで見てきた。
 わたしはレイモンドにさほど興味があるのでもないが、レイモンドに近い関係者たちが企画するこのような展覧会で、レイモンドの太平洋戦争中のアメリカでの仕事を、どう扱うのか気になったので見に行った。

 戦中のレイモンドは日本からアメリカに戻って、アメリカ軍の日本空爆のためのコンサルタントをやっていた。
 アメリカ軍は、砂漠の中に木造建築の実物模型を立ち並べて市街地をつくり、爆撃炎上実験を行って、効率的な空爆方策を検討した。
 このときに日本の都市と建築をよく知っている建築家として、レイモンドがその実物模型市街地の製作にあたったのだった。https://en.wikipedia.org/wiki/Japanese_Village
 その結果で効率的な方法は、市街地の周辺部から焼夷弾をばらまいて行って、中心部へと燃え移らせる方法だったそうだ。
 そしてその全国各都市の無差別爆撃は、ついに原子爆弾にまで及んだ。

 さて展覧会では、そのことについて展示された年表に記述があり、自伝の中のそのことに触れた部分もパネルにして展示してあった。
 曰く「・・この戦争を最も早く終結させる方法は、ドイツと日本を限りなく早く、しかも効果的に敗北させることだという結論に達した」
 論がトートロジーになっているが、要するに日本の生活圏を徹底的に破壊することで、敗北させるということだろう。
展示してあった年表の一部

展示してあった自伝の一部

 そのレイモンドは戦後はまた日本にやってきて、平然と建築設計業を営み、その立場を利用して、占領軍のアメリカ軍とアメリカ関係の仕事をドンドンやったのであった。
 有名な建築がアメリカの出版社であるリーダーズダイジェスト社の日本支社の社屋である。

 戦後すぐのころは「リーダースダイジェスト」という雑誌が、日本中を席巻した。
 アメリカ文化の要約版とでもいういろいろな記事があった。わたしは中学校の図書室にあるのを読んでいた。いろいろな小説等のダイジェスト版が載っていたが、どれもどうもしっくりこなかった記憶がある。ただ、あちこちにある囲み記事の小噺が面白くて、そこだけ拾い読みした。
 今になった思えば、あんな雑誌が流行ったのは、占領軍の教化政策だったのだろう。本をつくろうにも用紙がないその頃、この雑誌社は優先的に紙を使えたのかもしれない。今はその社屋とおなじように消滅したようだ。

 その社屋が竹橋に建っていたが、2階建てガラス張りのスレンダーな建物であった。いまの毎日新聞社のあるパレスサイドビルがあるところである。
 そのパレスサイドビルは、日建設計による設計で、担当は林昌二であった。その林がレイモンドのことを、デザインや技術はすばらしいけれども日本空爆コンサルタントについては「人間としてはとんでもないやつだ」と語っている(『著者解題・内藤廣対談集2』2010)。
 戦中に燃える東京の街を逃げ回った体験のある林昌二は、リーダースダイジェクト社屋を壊した跡地にパレスサイドビルを設計するとき、レーモンドに対する敵討ちの気持ちだったのだろうか。

 わたしが見たことがあるレイモンド設計の建物は、横浜不二家(1938)、リーダースダイジェクト社屋(1951)、新発田カトリック教会(1965)、南山大学校舎(1964)、そして今回の展覧会場の銀座教文館(1933)である。
銀座・教文館

展示してあった教文館の当初の姿の写真
展示してあった新発田カトリック教会図面

新発田カトリック教会

横浜伊勢佐木町にある不二家ビル




2016/02/01

1170【横浜都計審(3)】このところ特別緑地保全地区が増えるのは良いけど北側急斜面地ばかりってのはどういうわけか

 【横浜都計審傍聴(2)】から続く

●急増する特別緑地保存地区の指定

 二つの地区計画につづく議題は、12件の特別緑地保全地区である。一部既存の変更もあるが、大小とりまぜてこんなにたくさんいっぺんに出てきた。
 このところ毎度の横浜都計審に、特別保存緑地の議題がたくさん出てく良な気がするので、過去にさかのぼって年度毎のその議題数を調べてみたら、こうだ。

2009年度:●●●●●●(6件)
2010年度:●●●●●●●●●●(10件)
2011年度:●●●●●●●●●(9件)
2012年度:●●●●●●●●●●(10件)
2013年度:●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●(25)
2014年度:●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●(24件)
2015年度:●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●(37件)

 この急増ぶりはどういう事情であろうか。特別緑地保全地区の制度は、審議会資料にこのように書いてある。

いずれも審議課資料よりコピー

 要するに林地になっている土地利用を、林地のままに凍結的に留めておくことである。
 これが、都市計画としてどのような意義があり、この林地の地主と周辺や一般市民にどのようなメリットがあるのだろうか。
 地主には、固定資産税と相続税の減免があるから、大きなメリットだろう。

 そしてこの3年ほどで急増するのは、どういう理由なのだろうか。
 この制度は2001年に創設されたというから、ようやく普及してきたのだろうか。特にこの数年、行政当局が力を入れて、普及宣伝に努めているのだろうか。

●斜面緑地ばかりの指定地区

 ではその指定する土地はどのような場所の、どのような状況の土地なのだろうか。
 今回の12件の指定地は、どれもみな林地であり、主に北下がり急斜面で、平地林は一か所もない。しかも、そのうち10件が市街化調整区域である。
 環境的に緑地を保全することが必要であろうところの、中心部の密度の高い市街地部には指定がなくて、郊外部の密度の低い住宅地の中、あるいは周辺が一面の緑地である地域の中の一部を指定している。

いずれも審議会資料よりコピー編集

 早く言えば、これ等はどこも住宅開発には不向きなところであり、まわりの住宅開発から取り残されたところも多い。市街化調整区域では緑地指定がなくとも、すでに開発規制が厳しいところである。
 そのような不利な条件の土地を切り開いての住宅地開発を、人口減社会になってデベロッパーは手をつけなくなったので、その地主がどうせ開発できないなら、税制優遇のあるこの制度を利用しようとなったので、指定地が増加してきたとも考えられる。

 まさか、地主が環境問題に目覚めてきて、この制度を活用しようとしだしたのでもあるまい。
 また、都市緑地法には緑地保全地域もあるのに、なぜ特別緑地保全地区ばかりの指定なのだろうか。そもそも緑地保全地域の指定はあるのだろうか。特別版ばかりということは、なにか特別なメリットがあるからだろうか。

●風致景観要件ばかりの指定地区

 特別緑地保全地区として指定する用件を整理すると次のようになる。
(1)無秩序な市街化防止の緑地
(2)伝統的文化的意義のある緑地
(3)生活環境確保に必要かつ風致景観が優れた緑地
(4)生活環境確保に必要かつ動植物生息地の緑地
 今回の議題の12件は、いずれも(3)生活環境の確保に必要かつ風致景観が優れた緑地であった。なぜ(1)や(2)がないのだろうか。これまで指定状況はどうだったのだろうか。

 環境系の学識委員から、(4)の特別緑地保全指定は無いのかと質問が出たが、市当局の回答は、今後努めたい、と言っていた。
 一般の住宅の敷地に比べると面積は広いが、中には1ヘクタールもない範囲もあり、しかも急斜面地の雑木林や竹林ばかりだから、(1)としてはもともと開発が難しいところだし、社叢林や遺跡のある森とかのような(2)でもないし、特別に保全すべき動植物相がある(4:生息飼育地型)でもないし、結局は消去法で(3)しかないってことだろう。

 (3)であって悪いのではないが、積極的な保全の意義が見えない。
 斜面地ばかりの指定であって、平地林や池や河川のような水面を含む緑地はひとつもないのはなぜだろうか。
 そもそも、この指定地の採択はどのようにしているだろうか。日頃から行政当局が地主に積極的に働きかけているのか、それとも地主からの申し出を待っているのだろうか。地主からの申し出の意図は、緑の保全か、税制優遇か、どちらにあるだろうか。

●指定した後はどうしているのか

 指定した特別緑地保全地区は、所有者がその保全を行うが、その林地をどのように管理運営するのか、その地区ごとに何か方針はあるのだろうか、それともほったらかしだろうか。
 民間所有の場合は行政からの支援として、固定資産然と相続税の減額優遇や管理費の助成がある。では、これまでの指定で、この租税の減額がどれほどあるのだろうか。
 あるいは管理費助成はどれくらい投資しているのか。
 これらはいわば一般市民が負担しているのだから、知りたいものである。そして、一般市民にとって、それに見合う効果があるものとなっているのだろうか。

 民有地については公的買取り制度があるが、これまでこの制度はどれほど働いたのだろうか。財政難の自治体が買い取ることはあるのだろうか。
 それは生産緑地制度の場合もおなじで、そこが道路とか公園などの公共用地になる場合の外は、買い取った例はないから、特別緑地保全地区も同じだろう。
 では、解除した例はあるのだろうか。

 都市計画審議会では、2人の委員から質問があった。上記の指定要件のことと指定後の管理体制ののことであった。管理体制については、新任委員がでてくるごとに同じ質問が出て、市当局が毎度同じ答えをするのが恒例となっている。
 この12件の議題についての市当局の説明が、ものすごく早口であった。それぞれ場所と図は違うが、ほとんど同じことをしゃべって、1件1分くらいで済ませたのであった。
 それでも委員は理解できたのであろう、原案通りに可決した。審議会委員のみなさまは、事前に現地をご覧になっていたのであろう。
 でもなあ、わたしが上に書いたようなことについて、審議してほしかった、次の審議会にこの種の議題がでたら、よろしく頼むぞ。 

【参照都市計画審議会を改革せよ
https://sites.google.com/site/machimorig0/#tokeisin