2018/03/26

1326・2018年4月に開く茶席「北鎌倉 宝庵」は山口文象作品では「黒部川第2発電所」と並ぶ幸せ建築だ


初代オーナー関口泰氏自筆の夢窓庵の図(色紙)
●春の谷戸に茶席「宝庵」を開く

 北鎌倉の浄智寺谷戸の奥に、「宝庵」(ほうあん)と名付けた茶席が、このたび公開された。1934年に山口文象設計で建った茶室建築2棟、一般公開して茶会等の催しに貸し出すことになった。
 2018年4月1日からの正式オープンに先駆けて、3月25日プレオープンに招かれて行ってきた。
 昨年12月に40年ぶりに訪れた時は、紅葉が美しかったが、今は若葉が芽吹き時、椿の花が美しいから、「椿茶会」と名付けてのプレオープンイベント、天候も絶好の春日和、もてなしが行き届き、招いてくださった島津克代子さんに感謝。

2018年3月の宝庵
2017年12月の宝庵


 常安軒の四畳茶室で、久しぶりに抹茶の席に連なった。ところが、謡の稽古経験20数年だったから、普通にできていたはずの正座をしようとしたら無理無理、謡いを止して長いからなあ、しょうがないから椅子を使ったのであった。なさけない。
 この四畳間は、初代オーナーの関口泰氏が、書斎として使っていたようだ。広椽に出ると左向うに、梅の古木を透かせて吉野窓の夢窓庵を見る。
 あの丸窓から吉野太夫のような、美しい女性が顔を出すことを妄想したのは、その日のわたしではなくて、昔日の関口氏だった。この日は、多くの美しい女性がいたから、待っていれば関口氏に代って、その願望をかなえたかもしれない。
夢窓庵

●山口文象ファンという乙女に出会い喜ぶ

 午後には常安軒の8畳間で、煎茶のお点前を鑑賞し、味わったのであった。こちらは立礼だから脚の問題はないのがありがたい。
 煎茶の席は初めてだったが、このような茶道の流儀もあるのだと、歳のゆえに遠慮がないから、興味津々の質問を宗匠にしたのであった。同席の女性客たちに哂われた。
 それにしても、客も裏方も女性ばかり、男はわたしの連れが3人、他にチラホラ見えたが、圧倒的に和装アマゾネス軍団であった。茶会とは今やそういうものなのか。
 たしかに、歌舞伎も能楽文楽も見物やお稽古には、圧倒的に女性が多いから、日本伝統芸能文化は女性によって支えられていると言って過言ではない。

 その和装アマゾネスのひとりに、山口文象ファンがいたのには驚いた。デザイン系の学生という可愛い乙女は、久が原の山口邸を訪れる機会があって、それを契機に文象ファンになったという。
 建築家山口文象そのものが忘れられるときに、これはまた通の好みだねえ、良い趣味だねえと、一緒にいた山口文象高弟の小町和義さんと共に、老爺ふたりは嬉しくなり、大いに褒め讃えたのであった。ゴホウビにわたしが作った冊子「宝庵由来記」(まちもり叢書別冊)を差し上げた。

●実はこの茶室建築にも変転があった

 昨年暮に来たときと比べて、季節の変化は当然だが、庭師が入って谷戸がずいぶんさっぱりしていた。斜面に繁っていた蔦や潅木類が切り払われて、切り岸とよばれる岩壁も現われたら、俄然、鎌倉谷戸風情になった。
 関口氏のときの作庭らしい崖途中の横井戸、そこからの滝、そして庭に引き込む小川などの跡が現れた。でも、滝も小川も一日で枯れてしまったとの話だそうだ。

 庭師の松中さんからいろいろと聞いた話が面白い。松中さんは、2代目オーナーだった榛沢さんと少年時から親しく、この茶席の話をいろいろと聴いている。
 初代関口氏による配置は全体に東よりだったが、関口氏亡き後、今の別棟を関口夫人が建て、また敷地の南東の一部を他に分割のため、常安軒だけを西寄りの現在位置に移築したとのこと。
 1970年頃に2代目オーナーになった榛沢さんは、常安軒の南西の今の位置に夢窓庵を移築し、どちらも解体修理して、復元修復を1972年頃に完成したしたとのこと。
 つまり、二つは対の関係にあるのに、アサッテに向いた状態がしばらく続いたらしい。それを関口氏が常安軒から眺めたように夢窓庵を移して、配置関係を復元したとのことで、これには驚いた。
これは当初の2棟の配置(位置は変わっても配置は今も保たれている)
この茶席建築は当初のままにここに建っているとばかり思っていたが、この谷戸小宇宙の中で移動して、かなりの変転の運命を辿っていたのであった。
 だが、わたしが1976年に当初設計者の山口文象さんについてここに来たときに、彼はそのことにまったく気が付かなかったらしいのは、その訪問時に言わなかったし、後に雑誌に喋っている記事からもわかる。
 それは一方では、榛沢さんの渾身の復元手腕のものすごさを物語るものである。
 例えば、解体移築修理となれば、当初材料は傷んだものも多いから、あちこち似たような材を探して入れ替えるのが当たりまえ。
 山口が見つけた時の苦労話をしている四畳茶室の赤松の床柱は、榛沢さんの時には傷んでいて使えなかったので、実は同じようなものを苦労して見つけてきて替えたものだそうである。
 そうやって、山口作品は今に伝わっているのであった。
常安軒四畳茶室の赤松床柱

●山口文象作品では黒部と並ぶ幸せ建築だ

 プレオープンイベントで大勢の人たちが茶室に出入りする風景を観ていて、ここの建物のスケールが、実はかなり小さいことに気が付いた。
 人がいないときには、普通の大きさに見ていたのだが、人がいると普通の建物よりも軒が低く屋根もずいぶん低く見える。実際に建物の脇を歩くと、分っていながらも軒先やら雨どいやらに頭をしょっちゅうぶつける。
 別棟も入れて3棟とも、全体プロポーションとしては普通の大きさに見えるのだが、実際はかなり小さな建築であることを知った。大きいと思ってみていた夢窓庵の茅葺屋根も、実はプロポーションから見て大きいのであり、現物としては小さなものだ。
 わたしは常安軒四畳茶室に椽から入ったのだが、入る時はよかったが、出るときに吊り障子に頭をぶつける無作法をやってしまった。 

左:常安軒    右:夢窓庵
それにしても、これは幸せな茶室建築である。
 1932年にベルリンで関口泰氏がこの茶室づくり構想を山口文象氏に語り、1934年に完成してから84年、初代オーナー関口さんと2代オーナー榛沢さんに愛され、大切に維持され使われてきた。
 それが、このたび3代目のオーナーとなった浄智寺の朝比奈恵温さんもこれを愛し、日本の伝統文化の活動の場として、鎌倉古民家バンクの島津克代子さんの運営で一般に公開して活用される。
 山口文象の戦前木造作品で現在も当初の姿の建築は林芙美子邸があるが、今はその小説家の記念館となっている。もちろんそれは意義のあることだが、本来の使い方ではない。
 それに比べてこちらは、こちらは茶室本来の使い方が続くのだから、山口文象建築作品の中では、いちばんの幸せ建築と言えるだろう。木造ではないが当初の姿で本来用途が今も続く建築には、黒部川第2発電所もある。

参照関連ページ
宝庵由来記 https://sites.google.com/site/dateyg/houan
山口文象アーカイブス https://sites.google.com/site/dateyg/

2018/03/20

1325【癌かもしれない日々・最終回】ようやく治癒したガンモドキ「日光角化症」

「日光角化症」の塗り薬治療、去年から8カ月も続いたけど、19日に最後の診察で、「治癒した」との診断、ヤレヤレ、やっと終わった。
 別に辛い治療じゃないけど、一定ルールで長期間にわたって薬を塗るって、面倒だし気になるし憂鬱だった。
この歳だから、癌になってコロッと逝くのって、歓迎するようなもんだけど、皮膚ガンってのは、汚いし、痛いし、なかなか死なないらしい、しょうがないから治療した。

 でもなあ、若いころ陽を浴び過ぎたのがいけない、それが癌の元になるから治せなんて、今ごろ言われてもなあ、昔は太陽にあたれって言われたもんだぞ。
 わたしのこのガンモドキは、こちらがはじめに医者に診てもらったのは別のデキモノなのに、まったく偶然に発見されたのだから、このブログを読んでくださる貴方も、若いころ陽に当って遊んだでしょ、アブナイかもよ。

●2018年8月19日 市大センター病院皮膚科 長嶋真由美医師

医師「その後いかがですか、痒いですか」
私「ハイ、診てください、いや、痒くありません」
 医師は何やら片眼鏡のようなものを出して、わたしの顔面にくっつけて、患部だったところを観ている。
医師「すこしざらついているところもありますが、総じて日光角化症は治癒しています。以前に気にしているとのお話があった頬のシミやホクロについては、日光角化症のように悪くなることは起きません。」
私「でもそれも治るものなら治したいけど、どうするのですか」
医師「ホクロはメスで切りとり手術、シミは液体窒素凍結除去します」
私「鼻左のホクロは生まれたときからあるけど、右ほお、左ほお、左まゆのホクロは、その後に生じて膨れたのですから、取りたい気があります。それらもこちらでやっていただけるのですか」
医師「ホクロの手術はこちらですが、シミの凍結除去は街の皮膚科医院です。長者町クリニックに報告書を書きましょうか、そのほうがこれまでの治療内容がよく分って医師もやりやすいでしょう。ただし、有料です」
私「すごく高いと困るけど、いくらですか」
医師「3割自己負担で750円です」
私「わたしは1割負担ですから、書いてください」
 てなことで、250円負担で書いてもらったので、本日の支払いは診察代70円と合わせて計320円。
 さて、一応は治療が成功して終わった。とりあえず、めでたしめでたし。
 でも、シミ取りやホクロとりをやるかなあ、どうしようかなあ、もうこの歳だから明日死ぬかもしれないのに、無駄だよなあ、、、250円惜しいけど、、、。


2018/03/16

1324【FACEBAKA与太記事2018年3月前半】森友文書捏造事件ばかりだなあ、オリパラマスコット、、

2018年3月1日【オリパラマスコット】
オリパラって、ドーピングや南北合同チームやらで見るように、キツネとタヌキの国際的化かし合い大会なんだから、とうぜん、そのマスコットは「ウ」案しかないと思ってたけど、投票結果はダントツ最下位かよ~、やっぱり、小学生じゃあ無理だったか、まあ、小学生からキツネタヌキでもあるまいから、これでよろしいか。


3月2日【参議院予算委員会2018年3月1日審議】
エッ、国会って、こんな高尚なこと審議してるのかあ~、TV見ないし政治記事読まないので、知らなかったなあ、今朝たまたま目がついて、ほ~、このヨイショの二之湯さんて哲学政治家なんだね、どこの人かしら、それに応えて、「美しい国テツガク」を語る首相のエライことよ。


3月2日【森友文書捏造事件】
 こわっ、怖い、、上の方で逃げ回ってるうちに、
中間管理職ノンキャリあたりで死人が出ませんように、、


3月7日【オリパラマスコット】
この花柄ドテラオッサンが、オリパラマスコット当選デザイーナーだってさ、ほお、応募マスコットよりも、オッサンキャラのほうがいいじゃん、ご自身がマスコット役やったら、大当たりかもよ。

3月7日【花見の季節到来】
咲いたッ、満開!、大通公園オカメザクラ、いつも早いなあ。

3月9日【森友文書捏造事件】
次は人間が消える番だな、そいつに全部押し付けるんだよね、怖い、コワイ


3月9日【日本で政策が変わるには】
人柱が立つ、外圧がある、それではじめて変るって決まる。今回の財務省文書問題は、ついに人柱が立ったらしいが、さて何か変わるかな? 朝鮮半島問題は、アメリカ外圧で何か起きるかな?

3月10日【3月10日朝刊】
ドヒャ~ッ、昨日の朝、「今度は人間が消える番だな」って書いたら、本当に消えたよ、でも、その長官の上司の大臣はまだ消えないんだね。
 痛ましいのは、この世から消えた人も、ひとりいること3月2日に「死人が出ませんように」と祈ったのに、出ちゃったなんて、怖いなあ、この世は怖い、早くおさらばしようっ~と……

3月10日【東京大空襲記念日】
あすも大被災の記念日だけど、今日も実はそうなのだって、忘れないように。

3月11日 【森友文書捏造事件】
財務省の公文書のあちこちが消える例の事件が、こんどは財務省の人間が消える事件となっている、その震源地の最新風景です。
『例の小学校周辺を本日徘徊してきました。空から飛行機が突入?』と、大阪の知人から森友通信がきました。
 ふ~ん、こんな立派な建物かあ、こんどの事件の記念館として保存してくださいな、ねえ、財務省さん、「安らかにお眠りください、このような事件を2度と起こしません」と、誓いの言葉の碑もたててね。

3月12日【森友文書捏造事件】


3月13日【森友文書捏造事件】
われら忠実なる納税者たちよ!


3月15日【森友文書捏造事件】
佐川さん、ありがとう、くれぐれも、お体を大切にね!


2018/03/14

1323丹下健三勘違い設計の横須賀芸術劇場で観た宮本亜門演出「魔笛」は能と狂言の連続出し物と覚る

 ひさしぶりに横須賀訪問、京急汐入駅前にある横須賀芸術劇場で、オペラ「魔笛」を観てきた。宮本亜門演出である。
 去年も「魔笛」を県民ホールで観たが、それは勅使河原宏演出ミュージカル魔笛であった。宮本は演劇的に、勅使河原は舞踊的にと、それぞれ特徴があって面白い。


 今回の宮本演出の特徴は、舞台の上に立方体を斜めにおいて、客席から見える方の2面と天井を取り去った形をしていることだ。
 要するに、能舞台の目付柱の方から、つまり中正面を正面に持ってきたのである。能では目付柱が邪魔なので、中正面席が安いのだが、ここではそこが一等席である。
5階天井桟敷から見下ろす風景
わたしの席はそれを右寄りから見たから、能で言えば正面席にあたっていて、よい席であった。ただし、5階(建築としては8階)から見下ろすので、正面上空席と言おうか。
 困るのは3階から上には、自力で登るしかないことだ。客席内にも階段があるから、登ってきたのにまた下りて、出るときは登ってまた下りると、年寄りには大変だ。
 いや、足腰の運動のためにオペラ劇場に行くと思えばよろしい。

 そんな天井桟敷から見下ろす舞台は、当然小さすぎるのだが、魔笛は細かい演技があるのではないし、モーツアルトのあの名曲群を聴くには、音響的にはまことに結構なホールので、一向にかまわない。
 そしてまた、その能舞台の2壁面と床面に、プロジェクション・マッピング(PM)で大柄な映像を投射するのだから、十分に見ることができた。

 役者が2面の壁に設けたいくつかの穴やドアから舞台に出入りするのは、能舞台の切戸口や橋掛かりから出入りするのと同じようなものである。
 これだったら、ほぼそのままに能楽堂で魔笛公演をできるだろう。地謡席のバックに幕を張って、そこと松羽目にPMをやればよい。

 演劇の宮本らしいというか、序曲からいきなり舞台は始まるのだが、それは現代の平凡な勤め人の家庭の居間風景である。三代家族6人がごちゃごちゃと諍いらしい様子が、突然に暗転してオペラ魔笛が始まる。
 その現代のままにオペラに突っ込むのかと心配していたら、ちゃんと(?)わけのわからない支離滅裂オペラになって、おなじみ大蛇(映像)が登場して、安心した。
 一番ヘンだなあと楽しんだのは、3人の侍女の衣装鬘であった、ヘンナノ~。

 最後にまたその現代家庭になってフィナーレになのだが、この始めと終わりの風景にどんな意味があるのだろうか。平凡な日常世界から、あの支離滅裂お伽話オペラ世界に、観客を引きずり込むための策なのだろうか。
 でもなあ、この劇場にやってくるときから非日常世界を期待しているし、このホール空間デザインはかなりレベルの高い非日常空間だから、開幕前に心はかなり非日常化しているのである。
 だから、開園と同時にこれを見せられると、もういいよお~、と、気分がしらけるのだった。フィナーレだって、せっかくの非日常感を劇場を去るまで持っていたいのに、直ぐに覚めさせられてしまった。あ、そうか、それが宮本の狙いか。

 オペラ魔笛は、モーツアルトの曲は素晴らしいが、シカネーダーの台本は支離滅裂、これをひとつのストーリーだと思わずに、モーツアルトの曲が変るごとに楽しむしかない。
 そうだ、これって能と狂言を交互に連続して見ていると思えばよいのだ。パミーノやザラストロのときは能であり、パパゲーノやモノスタトスのときは狂言である。

 支離滅裂だから、演出もさまざまにできるという、他のオペラにはない利点があるのだろう。YouTubeに多くの魔笛が登場するが、どれもこれも舞台デザインにそれぞれに工夫を凝らしているのが面白い。出だしの大蛇からして、珍妙ぞろいである。
 それにしても、なんと美しい曲ばかりのオペラであることよ。


 外に出ると、この建築が丹下健三設計であることを思い出した。たしかにホールのインテリアデザインは素晴らしいし、外観も石膏模型の様に白く冷たく端正である。
 だが、この街に対して全く閉鎖的であることは、どうだろう。
 わたしはこの街とこの建築の基本構想と基本計画を策定した。それまで何年もかかわってきた街だから、周辺の条件を見極めて、将来の街づくりに対応する配置を提案しておいたのだった。
 だが、丹下にスッカリ勘違いされて、独善的な配置に変更されてできあがった。

 完成時に「日経アーキテクチャ」に紹介されたのをみて、それって間違ってるよと、異議申し立て投稿をしたら載せてくれ、丹下側の反論も載って、面白いことがあった。
 今、この建築と周りの街の様子を見ると、わたしが異議を唱えて危惧したことが起きている。それはまた別に書こう。

2018/03/07

1322・オペラオケ合わせ見物の至福:幸田浩子、安田麻佑子、鈴木准、萩原潤など名歌手が名曲をすぐ横で繰り返し演奏してくれるなんて

オペラ魔笛の「オケ合わせ」なんてモノを見てきた。面白かったなあ。オペラファンてこともないけど、オペラをこれまであちこちで観たけど(ウィーンで「ドンジョバンニ」観たのがちょっと自慢)、makingってはじめて観た。ほ~お、こんなに丁寧につくるのかあ、やってる方もみんな楽しそうだなあ。

 指揮者、歌手、コンマス間のヤリトリが何度もあって、話は聞こえても内容は隠語みたいで門外漢には分らないが、なんだか面白い。
 なんせ平土間ホール全部が舞台兼オケピットで、わたしたち見学席も合唱の隣りで、指揮の川瀬健太郎がこちらを向いて振っているから、表情と身振りがなにを指揮しようとしているのか、門外漢にもなんとなくわかる。いつもピットの中の背中しか見えないけど、こうやって指示してるのかあ、。

 観てるすぐ横で、幸田浩子、安田麻佑子、鈴木准、萩原潤などの名歌手がいれかわりたちかわりして、オケとともに名曲を繰り返し演奏してくれるなんて、いいなあ。
 12時に始まって、見学者は2時間で追い出されたが、このあと4時頃に学校を終えた小学生が加わるそうだから、何時までやるんだろうか、けっこう長丁場だな。

 能にも「申し合わせ」って、オケ合わせみたいなのがあるけど、長い長い歴史的積み上げがあるし、公演が一回のみのいきなり本番勝負主義だから、観たことはないけどこんなに細かくやらない。
 でも考えてみると、能ほどじゃないけど魔笛だって長い長い歴史的積み上げがあるはずなのに、やっぱり能とオペラは演出の根本的な主義が違うんだろうなあ。

 実はこれって、11日の横須賀芸術劇場(昔々これの計画やった)公演の、天井桟敷みた
よこすか芸術劇場 舞台から客席を見る
いな最安値席を買ったのだが、チケット持ってる人にオケ合わせをタダで見せてくれるとのことで、ヒマだから出かけたのだ。ヒマだけど体調がよくないので、案じつつ行ったのだが、ご機嫌になって治っちまった。

 こんな平日の昼間に、こんなもの観に行くのは、若い声楽志望女性ばかりなんだろうな、ヒマ老爺が徘徊ついでに入ったら妙な目で見られるかもと、ちょっと案じてたけど、見学者14名の内、爺さんが6名もいて安心した。
 だが、会場をどう見まわしても、わたしが最高齢者のように見えた。最近はいつもこんなんだよ、いやンなるよ。

 次に何かオペラ公演をやるなら、またオケ合せを見せてくださいと、アンケート用紙に書いておいたから、こんどは本番よりもこれを目当てにチケットを買おうっと。県民ホールさん、よろしく。 

2018/03/03

1321【FACEBAKA与太記事2018年2月後半】アルマーニ、厚労省に金メダル、土木屋が言論規制、少女虐待、淫売民泊、

2月16日
世間「おお、義務教育で公立小学校に入るのに、通学服だけで9万円もかかるのかあ、入学から卒業までに、最低3着は要るだろうなあ、ふ~む30万円かあ」
校長「フン、こちとら銀座の泰明だよッ、貧乏人にごちゃごちゃ言われてタイメイワク、たいしたカネでもアルマーニ・・・」

2月20日
【おお、厚労省役人に金メダルを!】
毎朝夕にオリンピック記事に占領されてウンザリしてたけど、今朝は久しぶりに面白ニュース、厚労省さんありがとう、財務省も文部省も負けずにやっとくれ。
 政府に「働き方改革法」が必要なわけがわかったぞ、「政策資料の作り方改革法」って、法案名称の変更をしていかがですかあ?
 それにしても、3年間も使ってて誰も気が付かなかったとはねえ、今回だれが気が付いたんだろうか?、追求した野党の政治家だろうか?、野党にチェック能力がようやくついたのかなあ?
 これまでもこうやって、妙な統計を振り回して、妙な法を作ってきたのかもしれないなあ。

2月21日
こんなビラが共同住宅の郵便受けに入っている。ピザって好きだし、庶民の食い物だと思っていたけど、クォーター(4分の1)でこの値段とはねえ、1枚だと1万円以上になるものもあるのか、これじゃあもう食えないな、うちの共同住宅にはこんなモノ食う金持ちが住んでいるのかあ、へえ~!?

2月21日
ネットサーフィンしてたら、懐かしいサイトにぶつかった。
週刊まちづくり

2月23日
ドジ踏んでる厚労省、こんな時の逃げ切り方について、財務省の理財局にコンサルタントしてもらいましょう。あ、国税庁の長官を顧問に雇うのもいいですね。
 それにしても、この調査を厚労省から受託したコンサルタントはどこのどいつだ、税金を返せ。

2月23日
土木屋が言論規制する寒さかな


2月24日
ほほ~、オリンピックってのは、女ばかり、それも少女ばかりのようだ。男はやらないものらしい、女尊男卑だな。
 いやそうじゃない、男尊女卑だな、だってさ、あんな寒いところで、しかも氷の上で、しかもあんな薄着で重労働させるんだもの、少女虐待か。

2月25日
こんなにも世界から嫌われている!、核毒汚染日本列島産の食品
もちろん生産者にはこの補償を東京電力はやっているんだろうなあ、
ということは、それはわたしが払う電力使用代金が原資だろうなあ、
ということは、わたしが補償金を払っているんだなあ、
ということは、わたしも東電福島核毒バラマキ事件の被害者だな、
ということでも、わたしはその補償をしてもらえないだろう、
ということは、わたしは被害者かつ電気を使った加害者なんだな。
ということで、わたしたちみんな加害者かつ被害者なのかあ、
この奇妙な社会構造って、なになんだろう?

2月28日
名ばかりマンションの空き家が、ネット紹介システムを使って、事実上の淫売宿になってる噂を、だいぶ前から聞いてたが、これがそうなんだな。
 それにしても新聞屋が「マンション」と記事に書く住宅が、8畳部屋ひとつとは、どこがマンションだよ、その「名ばかり」度合いが嗤わせるよ。
 「民泊」ってのも奇妙な言葉だよなあ、民宿とどこが違うんだろうか。
 1泊1500円とは、こりゃもう「ドヤ」だよなあ、そうか、釜ヶ崎のドヤ業者が、民泊業に進出したのだろうなあ。